婚活でウソは死ぬほどヤバい!3人の結婚後はこうなった!

      2016/07/13

婚活でウソは死ぬほどヤバい3人の結婚後はこうなった

婚活でのウソ、些細な気持ちが大問題に発展!?

はじめに

婚活をしている方にとって相手の情報はとてつもなく大事なこと!年齢や年収から始まって趣味や出身、人によっては親戚や友人関係者全てを気にする人だっています。

でも…もっとも気になるのは「その情報が本当なのかどうか」では無いでしょうか?結婚相談所なら公的な証明書を色々出しますが、その他では何もなく完全に信用頼み。そして中には「ちょっとでも良く見られたい気持ち」が暴走して、嘘をつく人も時折いたりします。

嘘やハッタリの中身は大小様々ですが、いずれにせよ嘘はいずれバレ、そして因果応報の如く自身に災難が降りかかるもの!今回は実際に婚活で嘘をついたまま結婚した方の実話の中から、ちょっと変わったものをお伝え致します。ぜひご参考になさって下さいね。

ありえない…婚活でウソをついた3人の結婚後3選!

隠せると思ったのか!?「夫がバツイチ子アリ」

まずは50歳位の既婚女性から熟年離婚に関する相談を受けた話です。ちなみに相談内容としては普通に「離婚してもちゃんと親子で食べていけるかどうか」でした。

しかしこの相談、離婚原因が極めて最悪!何でも婚活中には初婚だと聞いていたのに結婚後に戸籍を確認したらバツイチで子供までいる事が判明したそうです…。しかも把握したのが第一子出産直後!当時、ざっくり以下のようなやり取りをしたとの事でした。

妻「戸籍見たらバツイチで子供いるってあるけどどういう事!?」
「ゴメン。嫌われるかと思って言えなかった…」
妻「そんなウソつくなんて最低!」

しかも前妻との子供は先天的な重度の精神障害があり、前妻に生涯の支援を約束しているとの事!すぐさま夫婦仲は冷え切って20年子のために耐えたそうです。凄まじい怒りと執念を感じましたね…。身の上を偽るのは最大級に危険ですから、絶対に止めましょう!

小さいウソのつもり?「妻が料理できない」

次は30歳位の男性から、バツイチでの再婚活について相談された時に出てきた「前回の離婚理由」に関する話です。聞けば「家事能力」について大幅な嘘があったとの事!

何でも(元)奥様は専業主婦を希望しており、毎回デートでは美味しい自作弁当を持参してくれたそうです。それが嬉しくて結婚したものの、結婚後に実は弁当は母親が作ったものだと白状してきたとの事。しかも料理以外の家事も何も出来なかったそうです…。

夫「何で何もできないのに専業主婦なんて言ったんだよ!」
「だって働きたくなかったんだもん!」(ホントにこう言ったそうです)
夫「家事ができないなら働けよ!」
妻「少しずつ家事がんばるから許して」

…というやり取りから1年程度様子見をしたものの、何も変わらなかったので離婚したとの事。依頼者は共働きしてくれる女性を探していたそうなので「ぜひ次は共働き女性を探しましょう」と励ましておきました。たとえ数字にできない情報でも、嘘はダメですよ!

事前に言ってくれてれば…「夫の実家が農家」

最後は実質的に離婚直前に受けた愚痴聞き(離婚への後押し)依頼の話です。ちなみに依頼者は30代前半の女性で、旦那さんはほぼ同い年の地方出身者でした。

何でもとにかく旦那さんは日頃から「ウソではないがホントでも無い」という表現が多く、不信感が一杯になって疲れてしまったそうです。特に致命的だったのが結婚後に初めて行った旦那さんの実家(婚活中は親は会社員と言ってた)で農機具を見た時らしく…。

妻「あれ?お義父さんは会社員って言ってなかった?」
「ウチは兼業農家なんだよ。会社員もやってるしウソじゃないよ」

さらに婚活中は同居予定も無いと聞いていたにも関わらず、その夕食中にお義父さんが「夫と我々とこの家をずっとよろしくお願いしますね」などと言ってきたそうです!

妻「お義父さんのあれどういう事!?」
「あぁ親父が定年したら一緒に暮らす約束してたんだ」
妻「はぁ?同居予定は無いって言ってたでしょ!?仕事はどうすんの?」
「すぐにはしないって意味だよ。仕事は農業しながらこっちで探すさ」

ちなみにこの女性は農業や同居がイヤだった訳ではないらしく、ただただ旦那さんへの不信感から「一生付き合うのは無理」と判断したとの事。当たり前ですね…。たとえ嘘でなくとも人が嘘と感じればそれは嘘なんです。情報はなるべく正確に伝えましょう。

結婚はゴールじゃないし、婚活中のウソは絶対ダメ

嘘やヤバい内容は先出すると「正直者」

いかがでしたか?これらは実際に筆者が相談を受けた実話です。いずれのケースも結婚後誰も幸せになってないですね。婚活中の嘘は絶対に止めましょう。

ちなみに嘘の多くは「きっと真実がバレたらヤバい」の心理が元にあります。ですがほとんどの場合、ヤバい内容より「隠す行為」の方がもっとヤバいんです。そしてそのヤバい内容は、先に伝えれば「誠意ある正直者」と逆に評価が高まる事も多々あるもの。

これは例えるなら商品販売の現場ですね。あなたならメリットしか話さない営業マンとデメリットをたっぷり話す営業マン、どちらにより誠意や好意を感じるでしょうか?そういう事なんです。ヤバい現実を変えようがないのなら、あえて先出していきましょう。

嘘はヤバいが「伝え方」は婚活でも大事!

おわりに

最後になりますが、婚活で嘘やハッタリはダメですが「伝え方」は大事です!例えば一口に専業主婦になりたいと言うのも「働きたくないから」と「あなたに尽くしたいから」では、相手の印象は全然違います。意味をはき違える事無く婚活をがんばっていきましょう♪

 - 婚活・その他