同棲は婚活になる?絶対的におススメする2つの理由!

      2016/07/15

同棲は婚活になる絶対的におススメする2つの理由

同棲は婚活になる?賛否両論ありますが…

はじめに

昨今では3組に1組が離婚する時代であり、より多くの方が結婚に慎重になった結果、婚活の一環として先に同棲するカップルが増えているようです。

しかし一方で、同棲は「結婚時の新鮮味を失わせる行動」や「相手を信用してない証拠」として否定する方もやはり一定数おられます。ホントに同棲って賛否両論ありますよね!ちなみにあなたなら同棲はどう思いますか?

色々な思惑があるかと思いますが、数多くの婚活中の方・離婚相談等を受けてきた筆者からすれば、ぜひとも同棲はオススメしたい行動です!今回はその理由についてじっくりとお伝えさせて頂きます。ぜひ最後までお読み頂き、あなたの婚活にお役立て下さいね!

婚活・同棲

同棲は絶対やるべし!その大事なワケ2選

これが最強!「互いの暗部や違いが見える」

まずは「互いの暗部や感覚の違いが見える」のが大きな理由の一つです。逆に言えば「デート等だけでは中々これらが見えない」と言えます。それはそうですよね!

恋人関係にある二人なら、当然デート中は楽しみつつも嫌われないよう常に気を抜かないでしょうし、好みなども互いに譲り合うものです。少々の不満も短時間ですし我慢できます。

ですが基本的な生活を共にするとなると、そうはいきません!デートでは見えなかった相手の本性や互いの感覚の違いをいずれモロに感じます。ちなみに同棲や結婚で「こんな人と思わなかった…」と言われがちがポイントとしては、以下についてよく愚痴を聞きます…。

「日常料理の上手下手や味付け、献立に関する事」
「家事に関する能力や積極性、潔癖具合に関する事」
「金銭感覚や日常の生活レベルに関する事」
「親族や友人との付き合い方や頻度、その方々の人間性に関する事」
「個人の趣味や時間の使い方、『普通』等の一般常識に関する事」
「性格や言動の矯正、思いやりや歩み寄り等の資質に関する事」

なお、これらは同棲後すぐには分からず、おおむね3~6ヶ月して初めて気付く事が多いです。当初は愛情たっぷりで互いに許し合いますからね。あなたなりに上記を参考に、しっかりと(柔軟性も含めて)生涯の伴侶に相応しいかを見極めましょう!

良くも悪くも…「単純接触が極大化する」

次に「単純接触が極大化する」のも大きな理由です。これも当然ですよね。例外的に会社の同僚等とは長く接触しますが、会う頻度で同居人に勝るケースは極めて稀です。

そしてそれほどに何度も(プライベートで)会うからこそ、先ほどの「暗部や違い」が強ければ不仲にも発展しやすい反面、相性が良好なら急速にさらに仲良くなれます!また同居してれば自然とセックスの頻度も増すでしょうから尚更です!

同棲すら失敗するなら結婚しても離婚するだけでしょうし、同棲が成功すれば結婚への早道にもなりますから、いずれにせよやはり「同棲はできるかぎりした方が良い」と言えます。相応に二人の関係が近づいて来たら、ぜひ一度相手に言い出してみましょう!

少し注意!同棲は「期限を決める」のが大事!

時折「婚姻届」が二人の鎖になることも…

いかがでしたか?どんなに深く愛し合う二人でも、同居して上手くいくかどうかまでは分かりません。相手を信じ切ってイキナリ結婚もアリですが…これはこれで検討しましょう。

ただし、同棲は生活だけを考えれば結婚してるのとあまり変わらないため、関係が良好だとつい結婚(式等)が面倒に感じる事もあります(特に男性は)。なので例えば「同棲が一年続いたら結婚」などと、一定の期限を決めておく事が大事です。

また同棲はどこまでいっても同棲であり、結婚ではありません。そしてどんなに仲良しな二人でも、生まれも育ちも違う二人ですから、時には喧嘩する事もあるかと思います。そういう時、「婚姻届」という心の鎖が無い点にも注意しておきましょう。

多くの方が「勢いで結婚して後悔している」!

おわりに

今時は離婚も当たり前であり、そして結婚直後であるほどに離婚しやすい統計もあります。それほど多くの方が「勢いで結婚してすぐに後悔している」訳ですね。互いに将来、離婚作業という余計な苦労を負わないためにも、ぜひ同棲という予行練習を婚活の一環として実行していきましょう♪

関連リンク 婚活でウソは死ぬほどヤバい!3人の結婚後はこうなった!

 - 婚活・テクニック